Le Fils 息子

【ご来場のお客様へのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大予防に関するご来場のお客様へのお願い、当劇場の対応についてはこちらをご確認ください。

世界13ヶ国で絶賛を浴びた親子が織りなす物語、待望の日本初演!

2018年にパリ・シャンゼリゼ劇場で初演され、フランス最高位の演劇賞であるモリエール賞にて新人賞を受賞するなど高い評価を獲得。ロンドンのウエストエンドなど世界13ヵ国で上演され、タイムズ紙やデイリーテレグラフ、ファイナンシャルタイムズなど各紙の劇評でも絶賛された傑作『Le Fils 息子』の日本初演が北九州に登場します。
フロリアン・ゼレールは「現代においてもっとも心躍る劇作家」として世界中から注目されるフランスの若手劇作家で、本作を含む「家族三部作」として手掛けた『Le Père 父』は映画化されアカデミー賞主演男優賞、脚本賞を受賞しました。本作はゼレールの最も悲劇的で普遍的な作品と言われる本作は思春期の絶望と不安に苛まれながら必死にもがく息子と、愛によって息子を救おうとする父親を描く、家族の物語です。言葉の背後にある、言葉にできない表現で、観客の心に問いかけます。

「Le Fils 息子」特設ページはこちら

あらすじ

「何かを変えたい。でも、どうしたらいいか分からない。」

17歳のニコラは難しい時期を迎えていた。両親の離婚により、家族が離れ離れになってしまったことにひどいショックを受けて動揺し、何に対しても興味が持てなくなってしまっていた。嘘を重ねて学校にも行かずに日がな一日、目的もなく一人で過ごしていたところ、学校を退学になってしまう。父親(ピエール)は新しい家族と暮らしていたが、母親(アンヌ)からニコラの様子がおかしいことを聞き、何とか彼を救いたいと、離婚後に距離を置いていた息子と、向き合おうとする。

生活環境を変えることが、唯一自分を救う方法だと思えたニコラは、父親と再婚相手、そして年の離れた小さな弟と一緒に暮らし、新しい生活をスタートさせるのだが……。悩み、迷い、傷つきながら、自分を再発見していく絶望した若者の抒情詩。

フロリアン・ゼレール

翻訳

齋藤敦子

演出

ラディスラス・ショラー

出演

岡本圭人、若村麻由美、伊勢佳世、浜田信也、木山廉彬、岡本健一

お問い合わせ

北九州芸術劇場
TEL 093-562-2655(10:00~18:00)

備考

企画・制作/東京芸術劇場

主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団、(公社)全国公立文化施設協会
共催/北九州市
後援/在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本

日程・会場

中劇場 2021年9月17日(金)〜19日(日)

  • 9月17日(金) 19:00開演
  • 18日(土) 13:00開演
  • 18日(土) 18:00開演
  • 19日(日) 13:00開演

※ロビー開場は開演の45分前、客席開場は開演の30分前

料金

全席指定

一般

8,500円

ユース

4,500円(24歳以下・要身分証提示)

高校生〔的〕チケット

1,500円(枚数限定、劇場窓口・電話/前売のみ取扱、要学生証提示)

※購入枚数制限あり:お一人様1公演につき最大4枚まで
※未就学児入場不可

発売日

KICPACメンバーズ先行予約

2021年7月24日(土) 10:00 〜

チケットクラブQ先行予約

2021年7月31日(土) 10:00 〜

一般発売開始

2021年8月 1日(日) 10:00

先行予約について

KICPACメンバーズ先行
 電話 0570-099-990(10:00~13:00)
 オンラインチケット(10:00~17:00)
チケットクラブQ先行
 オンラインチケット(10:00~17:00)

チケット取扱

劇場窓口
劇場オンラインチケット
電話 093-562-8435(10:00~18:00土日祝を除く)
響ホール事務室

託児、その他サービス

託児サービス実施あり
公演初日7日前までに要予約。詳細はこちらをご確認ください

閉じる

サイト内検索

以下のキーワード検索、またはサイトマップよりページを検索できます。