二兎社「歌わせたい男たち」

【ご来場のお客様へのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大予防に関するご来場のお客様へのお願い、当劇場の対応についてはこちらをご確認ください。

国歌斉唱をめぐる教師たちの攻防。伝説の“卒業式の朝”が蘇る!

ある都立高校の保健室を舞台に卒業式での「国歌斉唱」をめぐる教師たちの攻防を描き、大きな反響を呼んだ二兎社の代表作が14年の時を経て現代に甦ります。2005年の初演時には連日立ち見の出る大盛況となり、第13回読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞するなど高い評価を得た本作では、極限状況に追い込まれた教師たちの織り成すドラマに、観客の目が釘付けになりました。学校、職場、サークルとどんな組織でも起こりうる重要な問題に正面から向きあわず、論点をずらしたりその場を取り繕うのに躍起になったり。その結果、何も解決しないどころか、当事者の心が少しずつ壊れていくことも……。この作品に登場する保健室の扉の向こう側は、まさに私たちの生きる社会そのものと言えるでしょう。
はからずも自分自身の生き方を試される状況に陥ってしまった人々の緊迫したやりとりがリアルタイムで展開する、驚愕の「笑える」悲劇にどうぞご期待ください。

二兎社公式HPはこちら

あらすじ

仲ミチルは、ある都立高校の音楽講師。“売れないシャンソン歌手”からカタギへの転身を果たしたばかりで、この仕事を何としてでもキープしたいという強い決意でいる。
今日はミチルが初めて迎える卒業式。ピアノが大の苦手なのに国歌や校歌などの伴奏を命じられたため、早朝から音楽室でピアノの稽古だ。だが緊張のせいか眩暈に襲われ、コンタクトレンズを片方落としてしまった。これでは伴奏するどころか歩くことさえままならない。
校長の与田はミチルを気遣いながらも、「君が代」をちゃんと弾かせることに異様なこだわりを見せる。しかも、ミチルに何か思惑があって伴奏したくないのではないかと疑っているようだ。ミチルは仲の良い社会科教師の拝島からメガネを借りて事態の打開をはかろうとする。しかし、養護教諭の按部から、拝島が「ゴチゴチの左翼」であると聞かされ、驚くのだった。今までみじんも考えたことのない問題の当事者にされてしまい、困惑するしかないミチルだが……。
立場の異なる様々な教師らの思惑が交錯する中、卒業式の時間は刻一刻と迫ってくる。

作・演出

永井愛

出演

キムラ緑子、山中 崇、大窪人衛、うらじぬの、相島一之

お問い合わせ

北九州芸術劇場
TEL 093-562-2655(10:00~18:00)

備考

主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団
共催/北九州市
助成/文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

日程・会場

中劇場 2023年1月29日(日) 13:00開演

※開場は開演の30分前

料金

全席指定

一般

5,000円

ユース

3,000円(24歳以下・要身分証提示)

高校生〔的〕チケット

1,500円(枚数限定、劇場窓口・電話/前売のみ取扱、要学生証提示)

※未就学児入場不可

発売日

KICPACメンバーズ先行予約

2022年11月26日(土) 10:00 〜

チケットクラブQ先行予約

2022年12月 3日(土) 10:00 〜

一般発売開始

2022年12月 4日(日) 10:00

先行予約について

KICPACメンバーズ先行
 電話 0570-099-990(10:00~13:00)
 オンラインチケット(10:00~17:00)
チケットクラブQ先行
 オンラインチケット(10:00~17:00)

チケット取扱

劇場窓口
劇場オンラインチケット
電話 093-562-8435(10:00~18:00土日祝を除く・1/4以降は12:00~17:00)
響ホール事務室

託児、その他サービス

託児サービス実施あり
公演初日7日前までに要予約。詳細はこちらをご確認ください

閉じる

サイト内検索

以下のキーワード検索、またはサイトマップよりページを検索できます。