[提携公演]

ブルーエゴナク10周年記念公演「バスはどこにも行かないで」

【ご来場のお客様へのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大予防に関するご来場のお客様へのお願い、当劇場の対応についてはこちらをご確認ください。

全国へ躍進を続けるブルーエゴナク10周年記念公演!

作・演出の穴迫信一のリリックを組み込んだ戯曲と、発語や構成に渡り音楽的要素を用いた演出で北九州市を拠点とし全国で活躍するブルーエゴナク。
商店街やモノレール車内など劇場以外での作品づくりや、近年は県外での滞在製作、さらには音楽家とのコラボレーションなど、ジャンルや地域の枠を越えた活動を展開している。2021年には穴迫信一がTHEATRE E9 KYOTOのアソシエイトアーティストに選ばれるなど、全国に活動地域を広げる彼らの10周年記念公演をお見逃しなく!

あらすじ

地方都市。妹とその兄は小さな街で行方不明になる。お互いの存在の中のみで。
2人は同じ街で生活を続けている。どこにも行けないままどこかへ消えた家族を思ったり忘れたりしながら。
ある時、兄は思い出す。2人がすれ違う過去と、そのバスの行き先を。

作・演出

穴迫信一


【コメント】
北九州を拠点に演劇を続けて10年が経とうとしています。あらゆる恩恵を受けながらそれでも「あのとき、本当に自分はどこにも行けなかったのか」と振り返ることがあります。それは生活の拠点を変えるという意味に限りません。例えば死ぬことも、演劇をやめることも、どこかに行く手段のように思います。
 宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』みたいに、どこにでも行けそうなこととどこにも行けないことは表裏一体です。今作ではそれらを裏返して捻ってはみ出させて、歪(いびつ)な行けそうと行けないの関係を見出したいと思っています。ピタリ張り付いた絶望と希望が転回する様を、この世界のどこにでも起こりうる出来事として描きます。それは悲観することでも愚痴ることでもありません。寧ろわたしたちの未来が湧き起こるような、具体的な提案です。

穴迫信一

出演

悠太、小関鈴音、なかむらさち、溝口竜野、高山実花、青木裕基、溝越そら、日髙啓介

音楽

有馬和樹(おとぎ話)

お問い合わせ

ブルーエゴナク
egonaku@gmail.com
090-6299-5590

備考

企画・製作/ブルーエゴナク

主催/ブルーエゴナク
提携/北九州芸術劇場
助成/日本芸術文化振興基金、公益財団法人セゾン文化財団

日程・会場

小劇場 2022年10月7日(金)〜9日(日)

  • 10月 7日(金) 19:00開演
  • 8日(土) 14:00開演
  • 8日(土) 19:00開演
  • 9日(日) 14:00開演

※開場時間は決定次第お知らせします

料金

日時指定・全席自由

一般

3,000円

U24

2,500円(24歳以下要身分証提示)

高校生以下

1,000円(要学生証提示)

※一般、24歳以下は当日500円増
※高校生以下は当前共通
※未就学児入場不可

発売日

一般発売開始

2022年8月 8日(月) 10:00

チケット取扱

劇場窓口
劇場オンラインチケット
電話 093-562-8435(10:00~18:00土日祝を除く)
響ホール事務室

託児、その他サービス

託児サービス実施あり
公演初日7日前までに要予約。詳細はこちらをご確認ください

閉じる

サイト内検索

以下のキーワード検索、またはサイトマップよりページを検索できます。