[提携公演]

MONO第51回公演「御菓子司 亀屋権太楼」

珠玉の会話劇で描く人間模様。MONO新作公演が2年ぶりに登場!

軽妙な笑いをベースに繰り広げられる珠玉の会話劇で人気の劇団MONOが2年ぶりに北九州に登場します。作・演出を手がけるのは、テレビドラマや脚本執筆ほか、ドラマ「半沢直樹」出演など、演出家・劇作家・俳優として多岐に活躍する土田英生。ワンシチュエーションコメディで多くの観客の心を掴んできたMONOの新作公演「御菓子司 亀屋権太楼」どうぞご期待ください!

江戸時代から続いてきたらしい和菓子屋「亀屋権太楼」が、経歴の捏造に端を発した騒ぎで存続の危機に立たされる。
新しい社長は評判の人格者。彼なら道を誤らないはずだ。
店、家族、そこに関わる人たちの10年間。

今回のMONOは、場所も時間もとばしながら、視点を変えて人々の営みを俯瞰する新たな試み。
善人と悪人の境界線はどこにあるんだろう? 
私たちは誰に味方すればいいのだろうか?


物語などを読んでいると、悪かった人が事件をきっかけに善人になったりする。
また、別の話では仲間だった人が裏切って最後は敵になったりもする。
仲の良かった兄弟が憎しみあったり、あんなに優しかった人が非道になったり。
そんな時、当人はどんなことを思っているんだろう。
そもそも人の性格とは変るものなのか、それとも相手との関係が変化するだけなのか。

今回の話の舞台は「亀屋権太楼」。
江戸時代から続く老舗和菓子屋らしい。当時から食べられていた繊細なお菓子を今でも作り続けている。
働く人はプライドを持ち、お客さんも褒めてくれている。
しかし状況が変化すると途端に全ては変わってしまう。
ある和菓子屋の歴史を俯瞰して、人々の営みを見つめる……そんな話です。

土田英生

作・演出

土田英生

出演

尾方宣久、奥村泰彦、金替康博、高橋明日香、立川 茜、土田英生、水沼 健、渡辺啓太

※情報誌Qvol.78(10/27発行号)にて記載しておりました出演者より一部変更となりました。

お問い合わせ

北九州芸術劇場
TEL 093-562-2655(10:00~18:00)

備考

企画・制作/キューカンバー

主催/キューカンバー
提携/北九州芸術劇場
助成/文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術等総合支援事業(創造団体支援))、独立行政法人日本芸術文化振興会

日程・会場

小劇場 2024年3月16日(土)〜17日(日)

  • 3月16日(土) 14:00
  • 16日(土) 18:00
  • 17日(日) 14:00

※開場は開演の30分前

料金

全席指定

一般

3,500円

学生

3,000円(小~大学生・要学生証提示)

※当日300円増
※未就学児入場不可

発売日

KICPACメンバーズ先行予約

2024年1月 6日(土) 10:00 〜

チケットクラブQ先行予約

2024年1月13日(土) 10:00 〜

一般発売開始

2024年1月14日(日) 10:00

先行予約について

KICPACメンバーズ先行
 オンラインチケット(10:00~17:00)
チケットクラブQ先行
 オンラインチケット(10:00~17:00)

チケット取扱

劇場窓口
劇場オンラインチケット
電話 093-562-8435(12:00~17:00土日祝を除く)
響ホール事務室

託児、その他サービス

託児サービス実施あり
公演初日7日前までに要予約。詳細はこちらをご確認ください

閉じる

サイト内検索

以下のキーワード検索、またはサイトマップよりページを検索できます。