[提携公演]

空晴 第23回公演「かえるかな、この道」

心温まるコメディーで人気、大阪の劇団「空晴」が5年ぶりに帰ってくる!

――あるのは人と人の繋がり、普段は気付かない小さな優しさ。
作・演出の岡部尚子が思う大切な「想い」を、決して派手な見せ方ではないが、笑いにも重きを置きながら、関西弁でつづる作風で人気の空晴(からっぱれ)が、2019年の「明日の遠まわり」以来、5年ぶりに北九州に登場!
「想定外の未来」に迷う人々を描く今作は、能楽師林本大氏をドラマトゥルクに迎え、能をモチ ーフに作品を創るという新たな演出にも挑戦。能「隅田川」のそのストーリーでなく演出法や表現をモチーフにし、「そこにある悲劇」と「救いのない中の救い」を、空晴らしい勘違いと思い込みを錯綜させながら大阪弁で描きます。
いつものシチュエーションコメディも大いに取り入れつつ、多彩なゲストを迎えて挑む、17年目の空晴の舞台にご期待ください!

あらすじ

―変えるか、帰るか この思う道に、迷う―

「祭りの後」そんな光景が一目瞭然の公園に立つ、集会所。
目の前には川が流れるその場所に集まってくる喪服の人々…
お盆も終わったのに、かつてそこにいて、今はいないはずの男が見えるその場所でおこる、どこか憎めない人々の「かえる」お話。

作・演出・出演

岡部尚子

出演

上瀧昇一郎、小池裕之、岩戸秀年、松浦絵里(南河内万歳一座)、太田清伸

劇団プロフィール

劇団創立から、東京、大阪、二都市で上演。創立3年目で福岡で上演以降、北海道、高知などの都市でも公演を重ねている。毎公演、垣根なく楽しんでいただけることを心情に、おせっかい、勘違い思い込みから起こる騒動の中、煩わしくも大切な家族や仲間とのつながりを丁寧に描き、好評を得ている。
第22回公演「の、つづくとこ」で、第2回 関西えんげき大賞 優秀作品賞、第1回 日本みどりのゆび舞台芸術賞 選考委員賞受賞。

お問い合わせ

J:COM北九州芸術劇場
TEL 093-562-2655(10:00~18:00)

備考

企画・製作/空晴

提携/北九州芸術劇場
助成/芸術文化振興基金助成事業

日程・会場

小劇場 2024年9月21日(土)〜22日(日)

  • 9月21日(土) 18:00
  • 22日(日) 14:00

※開場は開演の30分前

料金

全席指定

一般

4,000円

U22

3,000円(22歳以下・要身分証提示)

※当日500円増
※未就学児入場不可

発売日

KICPACメンバーズ先行予約

2024年7月13日(土) 10:00 〜 17:00

チケットクラブQ先行予約

2024年7月14日(日) 10:00 〜 17:00

一般発売開始

2024年7月20日(土) 10:00

先行予約について

・先行予約は劇場オンラインチケットのみの取扱
・KICPACメンバーズ、チケットクラブQについてはこちら

チケット取扱

劇場窓口
劇場オンラインチケット
電話 093-562-8435(12:00~17:00土日祝を除く)
響ホール事務室

託児、その他サービス

託児サービス実施あり
公演初日7日前までに要予約。詳細はこちらをご確認ください

閉じる

サイト内検索

以下のキーワード検索、またはサイトマップよりページを検索できます。