『北九州芸術工業地帯』関連企画

ぶらり♪まちなか劇さんぽ2019

北九州のまちなかが2日間限定で劇場に♪

北九州の街中を歩きながら、カフェやイベントスペースで沢山の演劇に出会える2日間「ぶらり♪まちなか劇さんぽ」。北九州を中心に活動中の劇団が北九州市内の様々な場所で演劇を上演します。お散歩気分でぶらりと街を歩きながら、お芝居を“はしご”して、あなたの新しいお気に入りの劇団や作品を発掘してください!

▼共通情報
【期間】3月23日(土)~24日(日)
【参加団体】飛ぶ劇場、ノハラsutudio、紫川天国一座、劇団C4、演劇作業室 紅生姜、演劇関係いすと校舎、市民参加リーディング
【予約受付開始】1月28日(月)~
【問合せ】北九州劇団代表者会議:kitagekiconvention@gmail.com 
※全て開場は開演の30分前※特に表記のない場合は当前共通※公演に関する問合せは各劇団へ

飛ぶ劇場「先生のお葬式」

生前、さまざまな人から慕われていた「先生」のお葬式に集まった面々、「先生にお世話になった…」と語るそれぞれの先生像がどれも食い違っていて…。2014年に京都の劇団「ニットキャップシアター」へ提供した短篇戯曲をやや加筆して飛ぶ劇場〔改訂版〕としてリーディング上演します。

【作・演出】泊篤志
【出演者】飛ぶ劇場劇団員ほか

紫川天国一座「待合う室」

結成3年目を迎え、原点に戻って取り組みます。短編ですが、観た人にきっちり印象が残る作品を創ります。

【作】ハク
【演出】ハル
【出演者】眞鍋留美 中岡尚也 山本慎介 髙木政則ほか

劇団C4「この、ついのすみか。」

私の父は定年退職をした。そして、母は主婦を卒業した。
以来、家にいなかった父が、ずっと家にいる。
以来、ずっと家にいた母が、家にいない。
割り振られて役、「役割」が変わる。
また次に与えられる役割はあるのかなー?
ていうか、役割って与えられるものだっけ?
それと、今私が持っている役割って何だろう。

【作】守田慎之介(演劇関係いすと校舎)
【演出】大福悟
【出演者】河口紀代子 古賀順一 児島誠 河口玲子 前元優子

演劇作業室 紅生姜「夢の住人」

悩み多い青年の紡ぐ夢と現実…。周五郎名作の一つである小説掌編をドラマリーディングで描きます。

【作品】山本周五郎作「土堤の冬」より脚色
【演出】山口恭子
【出演】橋本まゆみ 野口和夫 山口恭子

ノハラstudio「夜の色は黒猫の黒」

夜になると怖くて泣いてしまう女の子がいました。光るのが怖い、見えなくて怖い、大きな音が怖い、しんとして怖い。だから女の子は明るい場所で楽しく遊んでいます。そんな時に誰かがいいました。「夜の色は黒猫の黒。毛布の中に入ってごらん。陽気な猫たちが遊びに来てくれるよ」。女の子はカナリア色の毛布に飛び込みました。

【作・演出】石原有美子
【出演者】りんご(非・売れ線系ビーナス)、平井涼太ほか

演劇関係いすと校舎「その壁の中」

女も30年生きていれば色々秘密もあるわよ。
でも、決着をつけなくちゃいけないこともあるのよね。
そう、決着つけて、次にいかないと。
「それが、その壁?」
そうよ。そうでしょ?忘れたなんて言わせない。その壁の中には・・

【作】大福悟(劇団C4)
【演出】守田慎之介
【出演者】演劇関係いすと校舎

市民参加リーディング(渡辺作品)「花嫁衣装にハエ取り紙ヶ物語」

冬。花嫁衣装にハエ取り紙がくっついて家じゅうバタバタしたが、やがて季節はめぐりまた新たな春を迎える。まだべたべたしている花嫁衣裳を着て嫁ぐ娘とそれを見送る父…。そしてまた冬がやって来る。出戻った娘を迎える父はいない。近所のスナックのホステスと駆け落ちをしたのだ…。

【作・演】渡辺明男
【出演】市民参加リーディング応募者

市民参加リーディング(穴迫作品)「川をわたる歌のうた」

この作品にはまだ戯曲と呼ばれるものはありません。参加者の皆さんの実際の生活に基づいて物語を立ち上げます。
日常を演劇らしく、また演劇を日常らしく、ふたつの地続きを証明するような「別れと希望」の物語にしたいと思っています。
とは言え、今決まっているのは〈川をわたる〉シーンを作りたいなあ、というくらいです。

【構成・演出】穴迫信一
【出演】市民参加リーディング応募者

お問い合わせ

北九州劇団代表者会議 090-3414-0526

備考

平成30年度『北九州芸術工業地帯』関連企画「ぶらり♪まちなか劇さんぽ」
主催/北九州劇団代表者会議
協力/北九州芸術劇場

日程・会場

北九州市小倉北区各所 2019年3月23日(土)〜24日(日)

  • 3月23日(土)
  • 24日(日)

閉じる

サイト内検索

以下のキーワード検索、またはサイトマップよりページを検索できます。