【まち】 DanceDive2018

100万人に届け!ダンスダイブ!

初めてダンスにふれる人が『dive(飛び込む)』できるように、ダンスをもっと楽しみたい人が『dive(深く潜る)』できるように。そんな願いを込めて企画された<ダンスダイブ>。今年も全く異なる個性を持ったダンサーが集まり、老若男女どんな人でもダンスにふれることが出来るプログラムを揃えています。
十人十色のダンスを、十人十色の楽しみ方で。お好きなプログラムで心ゆくまでダンスを楽しめます。

ダンスダイブウィーク2018

▼ DDW vol.1 康本雅子ダンスワークショップ

<必要なのは「からだ」だけ!>
門司港・三宜楼公演『うろきんさ』に先立ち行う、康本雅子による2つのダンスワークショップ。はじめてダンスと出会う人、ダンスになじみのなかった人も思わず踊りだしてしまう、そんなダンスワークショップです。

 ▽親子向け/オヤコロリんダンスWS
 【日時】 9月9日(日)13:00~14:00

 ▽一般向け/ダンス未満ダンス以上♡WS
 【日時】 9月9日(日)15:00~16:30

 【会場】 北九州芸術劇場 創造工房・稽古場
 【応募締切】 8月25日(土)必着

 【HP】 http://q-geki.jp/events/2018/yasumotows18/

▼ DDW vol.2 夕暮れダンス「ちょいとごめんよ、じゃまするよ。」2018 ~帰ってきた、野外角打ち~

<小倉のまちの夕暮れ時を、汗と情熱のダンスで盛り上げる!>
リバーウォーク北九州に1日限定オープンの野外角打ちが復活!突然流れ出す音楽とともに、颯爽と現れる赤シャツダンサーズ。仕事帰り、買い物帰り、通りすがりの皆さまを巻き込みながら、ダンスで盛り上げます!!

 【日時】 9月23日(日)15:30~18:30
 【会場】 リバーウォーク北九州1階 ミスティックコート
 【出演】北村成美&赤シャツダンサーズ

 【HP】 http://q-geki.jp/events/2018/yuuguredance2018/

▼ DDW vol.3 昭和館で、ダンスに魅せられて

<映画で味わうダンス>
小倉昭和館とのコラボで贈る、映画を通してダンスと音楽を味わうひととき。赤シャツダンサーズの飛び込みパフォーマンスで盛り上げます!

 【会場】 小倉昭和館(小倉北区魚町4-2-9)

 ▽ダンスを味わえる映画ラインナップ
 1号館/「グレイテスト・ショーマン」 & 「レ・ミゼラブル
 2号館/「今夜、ロマンス劇場で」 & 「TAP THE LAST SHOW」
 【日時】 9月8日(土)~21日(金)

 ▽映画をもっと楽しめるダンスパフォーマンス!
 夕暮れダンス関連企画「昭和館にじゃまするよ。」
 【日時】 9月9日(日)
 【出演】イマ☆タカ&赤シャツダンサーズ
 シネマカフェ「ダンスでグレイテスト・ショー!」
 【日時】 9月16日(日)
 【出演】イマ☆タカ Dance Family

 【HP】 http://q-geki.jp/events/2018/ddw-eiga/

▼ DDW vol.4 井手茂太ダンスワークショップ&ショーイング

<北九州に集まれ、本気ダンサー。>
“北九州芸術劇場のオリジナルダンスカンパニーをつくる”を将来の目標に掲げ、2017年始動したダンスダイブウィーククリエーション企画。同年創作した「ギミック」の更なるステップアップと再演を目指し、新たなクリエーションメンバーを公募、4日間のワークショップ+ショーイングを実施します。

 ▽ワークショップ
 【日時】 9月13日(木)~16日(日)
 【会場】 北九州芸術劇場 創造工房・稽古場
 【講師】 井手茂太
 【応募締切】 8月31日(金)必着

 ▽ショーイング
 【日時】 9月16日(日)14:00頃予定
 【会場】 リバーウォーク北九州 ほか

 【HP】 http://q-geki.jp/events/2018/ddw2018idews/

▼ DDW vol.5 森下真樹「ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る」

<運命に踊る。>
世界中で愛され続けるベートーヴェン交響曲第5番「運命」。誰の心にも強烈な印象を放つクラシックの名曲に、4人の振付家と1人のダンサーが挑みます。
[同時開催]北九州市立美術館分館「石川直樹 この星の光の地図を写す」

 【日時】 9月22日(土)・23日(日)両日14:00
 【会場】 北九州芸術劇場 小劇場
 【出演】 森下真樹
 【振付】 第一楽章=MIKIKO、第二楽章=森山未來
      第三楽章=石川直樹、第四楽章=笠井叡

 【HP】 http://q-geki.jp/events/2018/unmei/

Dance Dive 2018 ラインナップ

▼フィリップ・ドゥクフレ/DCA 「新作短編集(2017)―Nouvelles Pieces Courtes」

シルク・ドゥ・ソレイユの演出も手がけるフランスの振付家、フィリップ・ドゥクフレ待望の新作公演!前作「パノラマ」から4年振りとなる北九州公演、鮮やかな色彩と感覚で誘うドゥクフレワールドをお楽しみに!

 【日時】 7月7日(土)・8日(日)両日14:30
 【会場】 北九州芸術劇場 中劇場
 【振付・演出】 フィリップ・ドゥクフレ
 【出演】 カンパニーDCA

 【HP】 http://q-geki.jp/events/2018/dca2018/

▼不思議の国のアリス

扉の向こうは摩訶不思議でナンセンス…奇想天外オドリだす!NHK「からだであそぼ」などでも人気のダンサー森山開次と、国内外で活躍するダンサー・スタッフたちが織り成すダンスとコトバのワンダーランドへようこそ!

 【日時】 8月11日(土)17:00、12日(日)13:00
 【会場】 北九州芸術劇場 中劇場(舞台上客席)
 【振付・演出】 森山開次
 【出演】 森山開次、辻本知彦、島地保武、下司尚実、引間文佳、まりあ

 【HP】 http://q-geki.jp/events/2018/alice/

▼カンパニーデラシネラ「ドン・キホーテ」

マイムの動きをベースに台詞を取り入れた独自の演出で、世代を超えた観客層の注目を集めているカンパニーデラシネラの新作は、セルバンデスの名作『ドン・キホーテ』。破天荒なラ・マンチャの男の珍道中を、デラシネラ流の身体表現に置き換えて披露します。

 【日時】 12月8日(土)16:00・19:00
 【会場】 北九州市立美術館 本館エントランスホール
 【演出】 小野寺修二
 【出演】 大庭裕介、崎山莉奈、雫境、鉾久奈緒美、伊吹卓光、藤田桃子

 【HP】 http://q-geki.jp/events/2018/derashinera-don/

▼山海塾「新作」(世界初演)

世界40カ国以上で活躍し、圧倒的な人気を誇る舞踏カンパニー・山海塾。コンテンポラリーダンスの殿堂として名高いパリ市立劇場、北九州芸術劇場との共同プロデュースでお届けする4年ぶりの新作公演を、前回に続き、世界中のどこよりも早く北九州で上演します。

 【日時】 2019年3月
 【会場】 北九州芸術劇場 中劇場
 【演出・振付・デザイン】 天児牛大

▼ [番外編] 北九州芸術工業地帯 三宜楼公演「うろきんさ」

<旧料亭の百畳広間がまるごと舞台に>
「そらダン」でタッグを組んだ康本雅子とオオルタイチに作家・戌井昭人が加わり、門司港にある旧料亭「三宜楼」にて滞在制作を行います。ダンス・音楽・芝居が交錯したパフォーマンスで束の間の時空旅行へと誘います。

 【日時】 9月15日(土)・16日(日)両日18:30
 【会場】 三宜楼 百畳間 於 門司港
 【出演】 康本雅子、オオルタイチ、戌井昭人

 【HP】 http://q-geki.jp/events/2018/sankirou/

関連ムービー

▼ 夕暮れダンス(2017)

▼ 夕暮れダンス『コクラバーナ』振付動画

▼ 井手茂太振付・演出作品「ギミック」(2017)

▼ 森下真樹「ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る」

チラシダウンロード

お問い合わせ

北九州芸術劇場
〒803-0812 北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11

▼チケットに関するお問い合わせ
TEL 093-562-2655
▼その他、内容に関するお問い合わせ
TEL 093-562-2620/FAX 093-562-2633/ddw@kicpac.org

備考

主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団
共催/北九州市
助成/文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
協力/リバーウォーク北九州、小倉昭和館、北九州市立美術館
企画・製作/北九州芸術劇場

閉じる

サイト内検索

以下のキーワード検索、またはサイトマップよりページを検索できます。