北九州芸術劇場×北九州市身体障害者福祉協会アートセンター

レインボードロップス2018 ワークインプログレス 一般公開ワークショップ&トーク 観覧者募集

色とりどりの個性が輝くオリジナルダンス誕生の過程を公開!

北九州芸術劇場と北九州市障害者芸術祭のコラボレーションから誕生したダンスプロジェクト「レインボードロップス」。次なる劇場公演に向けて実施しているワークショップの様子を「ワークインプログレス」と題して一般公開!メンバーひとりひとりが持つ、性格的・身体的特徴を活かしたオリジナルダンスが生まれる過程をトークも交えてご紹介します。お客様との意見交換も行いながら、作品のさらなるブラッシュアップを目指します。障害のある人もない人も一緒に楽しめる、賑やかなワークショップの様子をぜひ覗いてみませんか?

構成・演出・振付

セレノグラフィカ

アシスタント

今村貴子

連携先

北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
TEL 093-883-5555

アーテイストプロフィール

セレノグラフィカ

関西を拠点に国内外、屋内外を問わず幅広く活動を展開する結成21年のダンスカンパニー。多様な解釈を誘発する不思議で愉快な作風と、緻密な身体操作が持ち味。
隅地茉歩(TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2005「次代を担う振付家賞」[グランプリ] 受賞)は「踊るぬいぐるみ」、阿比留修一(平成8年度大阪府芸術劇場奨励新人認定)は 「かかとの無い男」とあだ名され、ヨーロッパ、韓国、オーストラリアなど国外でも作品を発表。
近年は公演、ワークショップを含め、あらゆる世代の人たちにダンスを届けるべく全国各地へ遠征、400を超える教育機関へのアウトリーチも行い「身体と心に届くダンス」を生み出す日々である。
(⼀財)地域創造「公共ホール現代ダンス活性化事業」及び「同⽀援事業」登録アーティスト。
幼稚園や小学校などでは「まほさん、あびちゃん」として人気。 http://selenographica.net/

イマ☆タカ/今村貴子

1984年生まれ。福岡県北九州市出身。
九州大谷短期大学日本語コミュニケーション学科演劇放送コース卒業。地元北九州で8年役者修行をした後dancerに転向。老若男女・国籍問わずみんながHAPPYに繋がるダンスパフォーマンスの創作を目指す。日本全国で活躍するダンサー(井手茂太、井上大輔、北尾亘、北村成美、セレノグラフィカ等)のアシスタントを務める。自身でも地域各所の文化施設・商店街などと提携しながら、地域の特色を活かしたイベントプロジェクトを行う。
イマ☆タカDance Family代表。元東筑紫学園高等学校普通科演劇類型非常勤講師。

2016年小劇場公演の様子

備考

主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団・(公財)北九州市身体障害者福祉協会
共催/北九州市
助成/文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
企画・製作/北九州芸術劇場

日程・会場

大手町練習場 大練習室 2019年2月11日(月) 14:0015:30

定員

40名程度

参加費

無料

申込方法

件名を「レインボーWIP 申込」として、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、手話通訳・要約筆記をご希望の方はその旨をご記入いただき、下記メールアドレスまでご応募ください。

申込締切

2019年2月4日(月) ※要予約・先着順

お申し込み・お問い合わせ

北九州芸術劇場 
MAIL

@

TEL 093-562-2620

閉じる

サイト内検索

以下のキーワード検索、またはサイトマップよりページを検索できます。