令和元年度「Re:北九州の記憶」関連企画 リーディング公演「カンパン」

この街で生まれた“記憶の物語”をつないでいく

北九州の街に暮らしてきた高齢者の方々に、子ども時代、青春時代、初恋や結婚、仕事、趣味のことなど様々な“思い出”や“記憶”を地元の若手作家たちがインタビューし物語をつくり舞台上で上演する「Re:北九州の記憶」。関連企画では、『地域へ継承する』をキーワードに、子や親世代へ知ってもらうこと、劇作家が地域へ手渡すことを目的に、朗読公演を行っています。今回は小~中学生を対象に、八幡図書館で過去7年間で出来上がった62作品の中から、陸軍倉庫からカンパンを取ってきた姉妹と母のドタバタ劇を描く「カンパン」を上演します。

関連企画➀

リーディング公演「カンパン」

【日程】2019年8月4日(日)11:00~12:00
【会場】八幡図書館一階 エントランスロビー(八幡東区尾倉二丁目6番1号)
【作・演出】寺田剛史(block)
【出演】飯野智子、高山実花、野村法可(有門正太郎プレゼンツ)、森川松洋(バカボンド座)、佐藤恵美香(飛ぶ劇場)
【申込方法】お電話もしくはご来場にて受付 
【申込先】八幡図書館 TEL:093-671-1123(9:30~19:00)
     ※土曜日、日曜日及び休日は9:30~18:00まで
【申込開始日】2019年7月9日(火)~

備考

主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団
共催/北九州市
連携/北九州市八幡図書館
助成/文化庁文化芸術振興費補助金
(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会
企画・製作/北九州芸術劇場

日程・会場

八幡図書館一階 エントランスロビー(八幡東区尾倉二丁目6番1号) 2019年8月4日(日) 11:0012:00

※終演時間は予定です

料金

無料(先着順)

対象

小学生~中学生 ※小学校低学年のお子様は保護者同伴可能

定員

30名程度

閉じる

サイト内検索

以下のキーワード検索、またはサイトマップよりページを検索できます。