シアターラボ「誰にでも書ける、あなたにしか書けない戯曲講座」参加者募集

戯曲を書いてみよう!声に出してみよう!

戯曲ってどういうもの?書いてみたいけど、難しいんじゃ?書いたことあるのだけど本格的に学んでみたい!などなど、戯曲初心者から本格的に書きたい方に向けた戯曲講座を開催いたします。講師を務めるのは劇作家・演出家の泊篤志。戯曲について学べるのはもちろん、実際に1シーンの短い戯曲を書くことにも挑戦していただけます。
演劇経験がなくても大丈夫です!ぜひこの機会に戯曲について学んでみませんか?

講師・アシスタント

講師:泊篤志(とまり あつし)

「飛ぶ劇場」代表。劇作家・演出家。1968年生。北九州市出身。北九州大学に在学中、演劇研究会で上演作品の執筆・演出を担当。後、東京で約2年TVゲームのシナリオ等の仕事をし、北九州へUターン。1993年「飛ぶ劇場」に復帰し、以来、脚本・演出を担当。後'95年に劇団代表を引き継ぐ。'97年『生態系カズクン』で「第3回劇作家協会新人戯曲賞」受賞。長崎、札幌など各地で戯曲講座やワークショップを実施。現在、北九州芸術劇場のローカルディレクターという立場で地域演劇の底上げも担っている。

アシスタント:守田慎之介(もりた しんのすけ)

1982年生まれ、行橋市出身。演劇関係いすと校舎の上演作品のほぼ全ての作・演出を務める。2013年、2014年、2015年と著作が3年連続九州戯曲賞最終選考にノミネートされ2017年には北九州芸術劇場と企画し北九州の高校生と創作した「ハレハレ。」が大賞を受賞。また、2016年には「もものみ。」が第22回劇作家協会新人戯曲賞にて、全国から多数の応募の中、最終選考の5作品に残る。行橋市みやこ町「中学校演劇鑑賞事業」の企画・上演を行う他、演劇ワークショップの実施、2018年4月より北九州芸術劇場ローカルディレクターに就任など様々な活躍をしている。

お問い合わせ

北九州芸術劇場「シアターラボ戯曲講座」係(担当:吉松、田中)
TEL 093-562-2620 

備考

主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団
共催/北九州市
助成/文化庁文化芸術振興費補助金
(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会
企画・製作/北九州芸術劇場

日程・会場

北九州芸術劇場内 2018年7月22日(日) 13:0018:00

対象

高校生以上で、戯曲を書いてみたいという方、描きたいものはあるがどうも形にならないという方、既に戯曲を書いているけれど本格的に学んでみたいという方。

定員

15名程度

受講料

1,500円

ご用意いただくもの

ノートと筆記用具をご持参ください。

応募方法

所定の応募用紙に必要事項をご記入の上、郵送・FAXにてお申込み下さい。
※応募用紙は後日アップします。
※応募者多数の場合は応募用紙による書類選考を行います。選考結果は〆切日以降に郵送にて応募者全員にお知らせします。なお、選考過程についてのお問合せにはお答えしかねますのでご了承ください。

応募先

〒803-0812
北九州市小倉北区室町1-1-1-11
北九州芸術劇場「シアターラボ戯曲講座」係
FAX 093-562-2633

応募締切

2018年7月11日(水)必着

閉じる

サイト内検索

以下のキーワード検索、またはサイトマップよりページを検索できます。