[提携公演] 30th anniversary !

飛ぶ劇場「生態系カズクン」

第3回 劇作家協会新人戯曲賞 受賞作 14年ぶりの再演

北九州を拠点に全国で活動し、創立30周年を迎える飛ぶ劇場。劇作家協会新人戯曲賞を受賞した、彼らの初期代表作であり、出世作とも言える作品が2017年版として復活上演!『元々人間は海から来たことになっとりまして、死んだら、海に返さんばいけんとです。』とある葬儀の日。ひとつの家族が人間の生と死に向き合う物語。どうぞご期待下さい。

作・演出

泊篤志

出演

桑島寿彦、内山ナオミ、木村健二、葉山太司、脇内圭介、中川裕可里、宇都宮誠弥、佐藤恵美香、太田克宜、文目卓弥、青木裕基、はまもとゆうか(大帝ポペ)

あらすじ

九州の棒ヶ削(ぼうがずり)に住む一族、麦山家の物語。祖母が亡くなった葬儀の日、祖母のご遺体が入った棺桶が部屋に運び込まれてくる。ご遺体に「魂」が宿って無いのでこのままでは葬儀を続けられないのだという。一族は祖母の魂を呼び戻すべく、棺桶を囲んでにぎやかに騒ぎ始める。果たして祖母の魂は戻って来るのだろうか、無事に葬儀は執り行えるのだろうか。その状況を猫に似た動物、カズクンがかなめ石のように鎮座し見つめていた。

泊篤志コメント

飛ぶ劇場という劇団がこの世に誕生して30年が経ちました。
その旗揚げ公演にお手伝いとして参加していた当時19歳だった私は49歳になってしまいました。
創立30周年の年にどういった演目をやろうかと考えた時に、まずは「これまでの飛ぶ劇場」を感じてもらえる演目を上演しようと思いました。演目は1997年、飛ぶ劇場10周年で上演され、翌年「第3回 劇作家協会新人戯曲賞」を受賞することになった、飛ぶ劇場の代表作の1つ、出世作でもある『生態系カズクン』です。今回14年ぶりの復活再演となります。
九州の片田舎、棒ヶ削(ぼうがずり)に生きる一家の、生と死をあっけらかんと描いたこの作品は、受賞作となった事もあり発表から数年間で何度も再演を重ね、全国8ヶ所で公演する機会にも恵まれました。
前回の上演から14年経ち、『カズクン』を知らない劇団員も増えました。観たことないお客さんも多くいることと思います。劇団員が歳を取ったので、歩調をあわせるように若干の書換えを、また20年前の戯曲ですから、多少は現代的なアレンジを施しての上演となる予定です。「飛ぶ劇場」初期の代表作、2017年verとしてどうぞお楽しみください。

お問い合わせ

飛ぶ劇場 
TEL 080-3181-7559

備考

主催・企画・製作/飛ぶ劇場
提携/北九州芸術劇場 

日程・会場

小劇場 2017年9月8日(金)〜10日(日)

  • 9月 8日(金) 14:00開演※1
  • 8日(金) 19:00開演※1
  • 9日(土) 14:00開演
  • 9日(土) 18:00開演※1
  • 10日(日) 14:00開演

※1...アフタートークあり

※開場は開演の30分前

料金

全席自由

一般

2,800円

学生

1,800円

高校生以下

1,000円

※当日200円増
※未就学児入場不可

発売日

一般発売開始

2017年07月 9日(日) 10:00

取扱

北九州芸術劇場
オンラインチケット(3:00~4:00除く)
チケット購入はこちら
プレイガイド(10:00~19:00)
093-562-8435(10:00~17:00/土日祝除く)
チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード:459-427)
ローソンチケット
0570-084-008(Lコード:84165)

CoRich舞台芸術 https://stage.corich.jp/

託児、その他サービス

詳しくは サービス一覧 をご覧ください

閉じる

サイト内検索

以下のキーワード検索、またはサイトマップよりページを検索できます。